火災保険の適用範囲を必ず確認しておこう

住宅を購入するなら、ほとんどの人が万が一の場合に備えてと火災保険に入ることでしょう。
もし火災保険に入っておらずに火災にあった場合は、経済的も大きなダメージを受けることになってしまいますからね。
しかし、実際に火災にあうことはあまりないので(そのほうが好ましいのですが)、いわば「お守り代わり」といった感覚で加入している人も少なくありません。
したがって、自分の加入している保険なのにその補償の内容についてよく知らないという人も多いようなのです。

補償対象はどれだけあるのかを知る

阪神淡路大震災や東日本大震災の際に問題となっていたのでご存知の方も多いかと思いますが、このよう場合には火災保険ではカバーしてくれないのです。
つまり、地震や津波といった災害時は火災であっても地震が原因で発生した場合には火災保険の補償の対象ではないということなのです。
このような状態で補償を望むのであれば、地震保険への追加加入が必要となります。
逆に火災保険だから補償対象外だろうと考えている人の多いものに、落雷や爆発・破裂などによって家が損壊した場合があります。
実はこれらは火災保険の適用範囲なのです。
さらに台風や暴風、大雪なども一定の基準を設けて補償の対象となっています。
保険に加入する際には、こういった点などについてもしっかり把握しておくことが必要です。